Googleマイビジネスインサイトを使って集客をアップしよう

管理画面

Google マイビジネスを「登録したはいいけど、あまり検索されてない」と悩んで居ませんか。 Google マイビジネスの中には、あなたのビジネスをどんなキーワードで検索して、そのユーザーがどのように行動したかをみる「インサイト」と呼ばれる機能があります。 Google マイビジネスでインサイトの使い方が分かればあなたのビジネスの、集客アップにつながります。そこで、Google マイビジネスのインサイトの効果と使い方をマスターしましょう。

Google マイビジネスインサイトの効果


Google マイビジネスのインサイトには、検索キーワードやユーザーがビジネスを検索した方法やマップで検索または、直接検索したのかなど、 ユーザーがあなたのビジネスをどのように検索して、どのような行動を起こしたかをインサイトで確認する事が可能です。つまり、インサイトが使えれば、Google マイビジネスでの問題点が分かり、結果的にあなたのビジネスの集客がアップします。 さらに、Google マイビジネスのインサイトでは、検索ユーザーがどのような行動をしたかをインサイトの中で見ることが可能です。つまり、Google マイビジネスのインサイトの結果を見れて、検証できればあなたのビジネスに対する試作がわかるということです。

Google マイビジネスインサイトの使い方

Google マイビジネスインサイトの使い方画像

では、具体的にインサイトの味方をGoogle マイビジネスで見ていきましょう。まず初めに、あなたの管理したGoogle マイビジネスのアカウントにログインし、マイページに行きます。マイページのメインカテゴリーの中の「インサイト」をクリックすると、 「ビジネス検索に使用された検索語句」と言う画面に変わります。この画面がでれば、インサイトを見る事が出来ます。具体的に見て行きましょう。

検索キーワード

Google マイビジネスのインサイトを開くと、一番上に検索キーワードが出てくると思います。Google マイビジネスのインサイトの中の下矢印のマークで期間の選択が可能です。 期間の選択をして、1ヶ月の間に何のキーワードが何回検索されているかを見ることも可能です。 検索キーワードが1位から順に並んでいます。さらに、右側に出ている数字は指定した期間内に、何回検索をされたかを表す数字になっています。

ビジネスの検索方法

Google マイビジネスのインサイトでは、ユーザーがビジネスを検索する方法を見る事が出来ます。主に、ビジネスの名前や住所を使って「直接検索」されたのかそれとも、カテゴリーやサービスを検索してあなたのビジネスを見つける「間接的検索」に分かれます。 加えて、直接検索と間接検索の割合も見る事が出来ます。「ユーザーがビジネスを検索する方法」にカーソルを当てると、それぞれの検索の数値と割合が出ます。 少し、MEOの豆知識ですが、「関節検索」よりも「直接検索」の方がユーザーのあなたのお店に対する興味が強いです。もし、Google マイビジネス上に広告などを出す予定がある方は、「直接検索」してくる人に向けて広告を打つと、非常に効果的です。

検索のリスティングとGoogleマップのリスティング

Google マイビジネスのインサイトの中には、検索のリスティングがあります。ユーザーがあなたのビジネスを検索して見つけたのかそれとも、Googleマップ上で見つけたのかを見る事が出来ます。 インサイトの中の検索のリスティングの下に、小さな逆三角形があるので、そこをクリックすると、検索された期間を指定できます。期間を検索して、月ごとにどうゆう変動があるかを確かめておくのも大切です。 グラフ上になっている場所に、確認したい日付にカーソルを置くと、検索のリスティングとGoogleマップでのリスティングの数が各々表示されます。

ユーザーの行動

Google マイビジネスのインサイトには、ユーザーがあなたのビジネスを検索した後に、実際にどのような行動(サイトにアクセスしたのか、電話をしたのかなど)を検索できます。 各々調べたい期間にカーソルをあてると、あなたのビジネスを検索したユーザーがどのような行動を取ったかを数字で確認できます。もし、あなたのビジネスを検索した時に、すぐに検索をやめてしまっているのであれば、あなたのビジネスの情報が適切でない可能性もあるので、その際は、コンテンツの充実を計りましょう。

ルート

Google マイビジネスインサイトのルートでは、ユーザーがあなたのビジネスまでのルートをどの地点から検索したかを見る事が出来ます。ルートのリクエストでは、あなたのビジネスを検索した都市や、地域ごとの回数も確認する事が出来ます。

電話

Google マイビジネスインサイトの電話では、あなたのビジネスを検索したユーザーがあなたのビジネスに電話をした曜日・時間帯・頻度を確認する事が出来ます。 Google マイビジネスインサイト電話の機能を使えば、どの曜日に何人電話をしてくるか闘鶏を出す事も可能です。

写真の閲覧数と枚数

Google マイビジネスインサイトの中には、写真の閲覧数と写真の枚数を同業他社と比較してあなたのビジネスの写真がどれくらい表示されたかを確認する事が出来ます。 インサイトの中の写真の閲覧数で調べたい写真と確認したい曜日を選択します。グラフにカーソルをおくと、実際の数値が表示されます。 例えば、あなたのビジネスがケーキ屋さんだとすると、あなたのビジネス周辺地域で他の同業者に比べてどれくらい表示されているかが分かります。もし、数値が良くないのであれば、写真を充実させたりお店の雰囲気を動画でアップしてみるのもいいです。

Google マイビジネスの鍵はインサイトにある

Google マイビジネスの鍵はインサイトにある画像

Google マイビジネスの鍵はインサイトにあると言っても過言ではありません。なぜならば、いくらあなたが良いビジネスをしていても、検索されなければ意味がありません。 さらに、検索をされても中身がなければ顧客はあなたのビジネスに興味を持たないでしょう。Google マイビジネス上で、潜在顧客に興味を持たせるのが、MEO対策の肝です。 インサイトの情報を見て、Google マイビジネス上では検索されてるけど、実際にお店に来た人は少ないのであれば、何が問題かを精査して直していく必要があります。 Google マイビジネスのインサイト機能であなたのビジネスの顧客がどのような検索ルートで流入し、どのような行動をしているかを知ることは大切です。もし、インサイトを見て思い通りに行かない時は、あなたのビジネスを利用するユーザーの気持ちになって考えてみて下さい。

Google マイビジネスのインサイトを使って集客UP

Google マイビジネスのインサイトを使って集客UP画像

Google マイビジネスのインサイトを使いこなせれば、あなたのビジネスの集客アップにもつながります。インサイト内にある項目はなるべく埋めるようにしましょう。Google マイビジネスのインサイトを使って良い面は伸ばし、悪い面は改善していきましょう。 インサイトでは、顧客の行動を分析してGoogle マイビジネス上で編集していく必要があります。分析とか仮説とかを聞くと難しく聞こえてしまいますが、あなたのGoogle マイビジネスを見たお客さんが何を考えるかそして、その情報を見た後に行動に移したいか。そうでないかを考える必要があります。 もし、あなた自身があなたのビジネス情報を見て行きたいと思えないのであれば、いち早く情報を変更する必要があります。もし、Google マイビジネスの管理が出来ないのであれば、MEO対策をしている会社に頼むのも一つの手でしょう。

タイトルとURLをコピーしました