【店舗運営者必見】主要SNSサービスのコロナ対応まとめ(2020年5月版)

ノウハウ

今回は、主要SNSメディアの”店舗運営者向け”のアップデート情報をまとめました。

緊急事態宣言は多くの地域で解除されましたが、まだまだ店舗への集客は難しい状況が続いているかと思います。また、SNSを活用して営業時間やテイクアウト/デリバリーなどの情報を発信している店舗運営者も多いと思います。

無料で活用できるSNSメディアでは、店舗集客や売上促進に繋がるアップデートがありましたので、対策の参考にして頂ければと思います。

Google(Google マイビジネス)

近くのお店を探す際に、多くの人がGoogle 検索、Google マップ検索を使っています。
昨今の外出自粛によりテイクアウトやデリバリーを検索し、利用する機会も増えているようです。

テイクアウト/デリバリー対応店舗を検索できるボタンの設置(Googleマップ)

このアップデートにより、ウェブサイトを持たない店舗や、飲食ポータルサイトに掲載していないような飲食店でも、新規のお客様にお店を見つけてもらえる機会が生まれました。

お客様にお店を見つけてもらうために、Google マイビジネスに登録し、自分のお店のテイクアウト/デリバリー情報を登録しましょう。

予約URLや、宅配注文URLの設定

設定していないお店が多いのがこちらのURLです。
(※業種カテゴリによっては設定が出来ない場合があります。)
外部の予約サイトや宅配サービスのURLでも設定が可能です。

属性情報も設定

ここでもテイクアウトやデリバリー情報、決済方法などが設定可能です。
最近は、「非接触デリバリー」という項目も追加されました。

COVID-19 関連の投稿

コロナ対策専用の投稿機能が実装されました。
テキストのみでも投稿が可能で、投稿してから14日間掲載可能です。
営業時間や臨時休業、テイクアウト/デリバリー情報などを発信していきましょう。

※Googleマイビジネスは無料で登録し編集が可能ですが、登録にはハガキの郵送・受け取り等により1ヶ月程度掛かります。
(参考:Google マイビジネスの初め方( https://blog-gmb.lycle.jp/how-to-start-google-my-business/ ))
※弊社のGoogle マイビジネス運用支援サービス『ライクル GMB』では、店舗情報を頂ければ最短即日で登録することが可能です。

LINE(LINE公式アカウント)


最近LINE公式アカウントでは、店舗運営者にとって重要なアップデートが3つありました。まだ店舗毎のLINE公式アカウントを開設していない方は、このアップデートを機に活用を検討してみてはいかがでしょうか。

1.コロナ対応に関するメッセージ配信の無償提供(1日2回まで)


(引用元: https://www.linebiz.com/jp/column/service-information/20200416/

通常、メッセージ配信可能数には上限がありますが、コロナ対応に関するメッセージの配信は1日2回まで無料で配信できる機能が実装されました。
配信可能なメッセージ内容は以下になります。
(営業時間のお知らせ/休業のお知らせ/中止のお知らせ/テイクアウトについて/デリバリーについて/宅配サービスについて/感染症対策について/入荷のお知らせ/販売終了のお知らせ)
この機能を活用して、情報発信していることを告知していくことで、新しい友だち獲得にも繋がるかと思います。

2.テイクアウト/デリバリー情報をプロフィールに設定出来るように

(引用元: https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20200417/


(引用元: https://www.linebiz.com/jp/manual/OfficialAccountManager/account-page/settings/#delivery
——————————————— 
LINE公式アカウントのプロフィールにテイクアウト/デリバリー情報を掲載できるようになりました。「管理画面のプロフィールページ設定」から設定が可能です。
併せて、営業時間や休業日、位置情報などの設定がきちんとされているかも確認しましょう。
(参照元: https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20200417/

3.メッセージ一覧の上部に近隣店舗の情報が表示されるように


(引用元: https://www.linebiz.com/jp/column/technique/20200417/?list=9 )
——————————————— 
LINEユーザーの位置情報を元に、近隣店舗の情報がメッセージ一覧の上部に表示されるようになる予定です。(5月中予定)

店舗とお客様との接点が減少した背景から、オンライン接客、マスク入荷&クーポン抽選機能などの活用方法も話題となり、コロナ対応として手軽に始められ、リアルタイムに情報を届けられるLINE公式アカウントの有用性が高まっています。

弊社のLINE公式アカウント運用支援サービス『ライクルL』では、アカウント開設から各種設定、メッセージ配信の代行までを業界最安料金でお任せ頂けるプランを用意しております。

Instagram

料理を注文出来る機能を提供開始


(引用元: https://about.fb.com/ja/news/2020/04/instagram-food-delivery/

飲食店は、Instagramでテイクアウト/デリバリーの注文を受付出来る機能が提供開始されました。条件を満たしていれば無料で利用が出来ます。
ストーリーズで「料理を注文」スタンプを設定出来たり、プロフィールに「料理を注文」ボタンが設定出来るようになりました。

Facebook社は中小ビジネスの支援として様々な機能開発をしていくようなので、今後のアップデート情報についても要注目です。

(参照元: https://about.fb.com/ja/news/2020/04/instagram-food-delivery/ )

Yahoo!(Yahoo!プレイス)

地図アプリの国内利用率で、Googleマップに次いで2番目のYahoo! MAPですが、そこで表示される店舗情報を管理・編集出来るサービスがYahoo!プレイスです。
コロナ対応店舗の支援として2つのアップデートがありました。

テイクアウト/デリバリー情報の掲載やサービス機能を拡充


(引用元: https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2020/04/15a/

スマートフォン版アプリYahoo! MAPにおいて、Google同様に近くのテイクアウト/デリバリー対応店舗を容易に検索できる機能が実装されました。
飲食店は「Yahoo!プレイス」に情報を入稿することで、「Yahoo! MAP」や地域情報サービス「Yahoo!ロコ」にテイクアウト/デリバリー情報を掲載出来るようになっています。

衛生対策に関する情報掲載機能の追加


(引用元: https://about.yahoo.co.jp/pr/release/2020/04/27b/

消毒や検温、入店制限や予約制などの三密対策など、衛生対策に取り組んでいる店舗は多いと思います。「Yahoo!プレイス」では、衛生対策情報を入力し掲載できるようになっています。
お客様にとっては、お店選びにおいて重要な情報かと思いますので、ぜひ設定されることをおすすめします。

まとめ

今回は以上4つのメディアのアップデート情報をご紹介しました。
今後も各SNSメディアで様々な機能開発がされていくと思いますので、こちらのブログで随時ご紹介していきたいと思います。

また、弊社ではGoogleマイビジネスやLINE公式アカウントの開設から運用の支援サービス「ライクル」を提供しておりますので、何かご不明点やご相談などございましたらお気軽にお問い合わせください。

ライクル - GoogleやLINEのサービスを連携した集客サービス

タイトルとURLをコピーしました